追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

=|AA|
. :.::| :..''''': :'''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,゙;:;:\爻ソ| : :''';;;;,,,゙爻; ;いハ乂..゙''';;;,,,゙いソ;...,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,. \: :...,,,,,,;;;;;;;''''''. : . ''''';;;;,,,,,,  ''';;,
.  |     ,,,;;;'''''', ,'''';;;;;;,,,, '''';;;;, ____ ,,..  ..,,__..゙い∴ノノ;.゙,,,,;;;;''''..゙∵; ;.゙''';;;;,,.... : .:.゙'''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''゙; ; ; . . ̄,,,;;;    '''''';;,,,,
: .|....  ''''''''';:;:;{/`7'..''''''';;;; //´ /   ^V⌒丶、.゙゙,,,;;;;;'''''.'^''7''"|:|/. '''';;;;,,,. ノi:i:i:} トミ'''';;; ''''';;;;;;;,,,,;''   ;'  ''';;;;,,,.:.:.:
\|   : : ;:;:;:;:;:;}:::::/....  /     /      .|      ヽ、 |/i:i:i/  |:|...,,,,,,,,,,;;;;;''''..{i:i:i:ノ:|i|::``..';゙:i:i:i{;:;:.:''''';;;;;,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''
''''';;;;;;;,,,,,,, :;:;:;:i:i{:::/乂_./      /        |       丶 i:i/`\//'''.... }:i j |: |i:i:i{:;.|i|゚. |: 'i:i:|;:;:;:;:.:'''';;;;;    ,,,,;'';,.|.:.:
 |......'''''''''''';;;;;;;,,,,,,,.. / /  ''"^´     ,,..,,_|_         `、.   |:|  \}::V :|: |i:i:{;';'|i|;';';',, |:..゙,,, =-';,,         ,,;;"´|.:.:
. |  :.゙,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;; /ア   /| Λ  |    /|    /     ミ. . |:| : :.,,,;;'''''';;;,,,..゙i:i:i};';'jI..,,,,,;;;;''''''''''';;;;,,,,,,  ''';;,       |.:.:
|  :...,,,;;;;'''゙:i:{.: .: / ノ   ≧=ミ、  |   /.|/ /      |: :``''┴..'.....淡 . '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,, . __ノ .:   ,,,;;''.     ; ; ; :|:::
,,,,;;;;;;'''''''゙;:i:i:i:i:i}爻ノィ(;'../ 八 r沁Λ j ィァ=テトく、__ /Λ   |......三ΞΞニ゙,,,,;;;''''.....:゙'';;,,゙:.:... ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''゙: : . . ;' ;';';';';';'; |.:
.l  : : : ;:;:i:i:i:i:i}''""^..'゙/ , | ,,∨シ    _ノ沁r 》//  Λ| ,|. 二-‐ `...'';;': : ; ; ; : :... ';, : : : .:.'''';;;;;'':.:;';';'.:.:.:;';爻爻淡淡|i:i:
l  : : : ;:;:''';;;,,,,,゙:;:;:;:;:;゙/ 人 |   、    ^ー'゙/ ,   /   ! /|.゙二_:;.:,:;.:,;';';';';';';';':;.:,: : :..゙;, : _:_:,、,、,.'';,,,;';,,;''.f-'^'^'^'""´::/i:i:
  : : : ;:;:;:;:i:i:i:}''';;,゙// 斗rヘ   、    '''/ //  /   | {...丶、 ´"''ー─…¬冖テ''"""">-─┐.: . . .:.: . . ;';';'.:;'/i:i:i:i:
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''/ /  | └'    `¨¨´/       |  \ :;:;:ニ─   -=.....';,. '゙:/;:;:;/;:;:,;;:;/⌒^>─<、.:;':/i:i:i:i:i:
  : : :;:;::i:i:i:i:i:}- -‐.゙ノ / |  |¨¨¨^''〜、、-</〉〈 {\八⌒\....…‐-  -=≦;:;:;.゙''''';;;; ,,,;;;''';;'....-''"´^^_、‐''゛:/i:i:i:/i:i:
.   : : ::;:i:i:i:i:i{;:;\;゙{  ′ |  |^       `''=-彡ヘ、\..゙‐二ΞΞ二─ ‐ --…::〈;:;:;:;:.'''';;;;;    ,,,,;'';,..ゞ``. : :;';';'价vぃ爻
 : : ;:,;,,i:i:i:i:i:i}.゙,,,,,,, |  ノ    j二ニ=-‐…/<  \ニ……─ ‐ ‐  ‐  ‐ ‐…ニ ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'゙''゛:;.:,:_、‐''゛ノ(ィノ(
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,゙| /   /  ̄>''"´           \..゙三ニ-  ‐  ‐ ‐‐ニ…-. ,;''.゙…..゙;' :.:: ''';;;;,,,'゛;:;:;:_、‐''゛.: _、‐''゛;:;::::
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;'/ノ{,   イr、/>               \.三ニ-  -  - -=…::∵∴ ,,,;;;...:::::;:; '''''';;,,,, ─ァ''"´;:;:;:;:;.:,:;/
''''';;;;;;;,,,,,,,:i:;;;'';.///ニ|   |ニニ/   /:::..             \_- - '''゙-=- -‐……ニΞΞ..'''''゙' ,,,,,,  ''゙'''; . ;:;:;:;:;:;:_、‐''゛::::
::::;:;:;:;:i:i:i:_/ニ/ {ニ|   |ニニ∨//__/^ 〉          ̄´"'' 、....,,,,,,,,,,;;;;;''''..‥::∵Ξ.゙';.Ξヽ . ''''';;;;;,,, :_、‐''゛.:.::;:::/:
;:;:;:;:i:i:/ニニ//  「ニ|   マニ/      〈__厂L力_几         \__゙,,.....∴ΞΞ.'''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,.、‐''゛_、‐''゛:::/::,;'´
;:;:i:i:i:i{ニニニ/::/  」ニ|   マ/      /::::::::::::::::::::::::L__/⌒\     \⌒\_    -- ミ゙;;;''''''    ‐_‐_‐___彡'′.:;′.:
;:;:i:i:i:i}ニニ「:::::′ ,ニニ|     ∨     .//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           `¨¨´     \,,;;;;;;;''''''.゙_=_=_=_=_彡'′.:′
   }ニニL:::{  /ニニ|        /ニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /⌒¨¨¨ : : : =‐- . ,
   }ニニ{::::\/ニニΛ      /ニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈_/^|__/::::::::::::::: : : : : : : : : : : :
   /ニニ/:::::::::}ニニニニ\  _,/ニニニニ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : :
.  /ニニ/:::::::::/ニニΛニニニニニニニニニニニ\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : :
./ニニ/:::::::::〈ニニ/ ∨ニニニニニニニニ=-  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : :
ニニ/:::::::::::/\/   ∨ニニニ=-         `、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : :
ニ/:::::::::::::::/                 __ `、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : :
ニ{::::::::::::::::~'ヽ          __ -  ~   '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : :
ニニ\::::::::::|  ヽ、    _,.斗ニ/          }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : :
ニニニ} :::: |   マニニニニニニニ/           }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :
ニニニ/::::::: |     マニニニニニ/            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : :
||=
|>|>|>|>|>|>|>|!center:【プロフィール】|
|!center:名前|>|>|center:ジャック|!center:関係PC|center:[[イヴ]]|
|!center:性別|>|>|center:女|!center:種族|>|>|center:デミ・サーヴァント|
|!w(50):center:年齢|>|>|w(100):center:0|!w(50):center:クラス|>|>|w(120):center:おかあさん命|
|>|>|!center:NG簡略|>|>|>|>|center:騙り:おかあさん|
|>|>|!center:AA|>|>|>|>|center:ジャック・ザ・リッパー(Fate)|
[+]''Fate風ステータス''
=|AA|
┌─────────────────────────ーーー.┐
│|==ノ==}ーi┬────、_.X_ _∧_._∧ _∧_ _X_ ───ー.┬iー{=={={==|│
│|イ〈ヽノ .ノ.ノゞ'''""´==─'〉..〈_〉, 〈.〉, 〈.〉, 〈_〉..〈 ==`""''≦ ', ', .∨イ'ゝ- │
│|_,,。ヽ .∨''"´        ,..  -゙` ̄´...-......_         `"''∨ ノ <__|│
│|=vイゞヽ、.         /  __   :′    \.       /イ、イ_v==|│
│| ̄´          / ..://⌒  ``ヽ、 \  \          ` ̄|│
│|.            /.:/ .:/     .::\ `、   ',.            |│
│|.          _/ ..:/ :/:/  .:::i:. }i ヽ .:`、 ヽ  :}.            |│
│|           ⌒7 j :/:/{   .:::}::ハ.::}i   :}   ',.:}          |│
│|            八 ,r</八  .://-‐}ハ .::|  .::} {.            |│
│|......_       _r'つ∧__)笊ミ、/)′斗ゃ |  .::} {              |│
│|.\\`て/^{´{.乂>丁:ヽ乂ソ     うiソ,ノ}/ .:/ .} 乂_.          |│
│|......>\>. \ゝ -=ア´⌒ '     `丁 .::/ .:ハ(¨⌒           |│
│|.゙//ニアイ ゙>''" ∨⌒∧  _    ⌒ア´..:/} :}.             |│
│|..  ̄   .////∧. ∨⌒込(_ソ    .イ⌒¨}i .八ノ               |│
│|.     ////////∨⌒ハー:i:I:i:i:i:i:{ノりハ{                |│
│| . -=ニ///////iW___ ∧⌒=ム:i、=\i/⌒〉_                  |│
│|.゙////////////i{::::::::/{イ  .此/\/:\  ̄{:::i ヽ          |│
│|..゙/_/ニ=‐   ̄ 人 ̄/i{_,/゙⌒/\/\i:∧ 人::\}.           |│
│|               \ニ{     }〈__ /_\_〉i:∧/ \::}         |│
│|               {. 圦     .}:i:i:i:\___/:i:i:i∧.   \.         |│
│|             ',. .:\   }:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:〉    ./^\.      |│
│|                 :、 . . √¨´:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:{\__/ニ/、     |│
│|               \ /^V:i:}:i:i:i:i:i:i:」L.r=ミ》〉=二_/ / :>、...... |│
│|               〈〈>=二ニニニニL__」ニ>   \__/./',. |│
│|                   \/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i|    ___ア⌒゙'<〉.....|│
│|                 乂_:iノ:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:|   /   \ヽ./.   |│
│|                    /"⌒>:i:i:i:i:i:i:i/ .:i:i:|^>ノー=i^V. ∨...  |│
│|                 乂/:i:i:i:i:i:i:i:/   :i:i:〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}_ 」    |│
│|               /   \:i:i:i:i:i:/   i} :/ :i:)i>''".       |│
│|            |\ /      \_i/   {!  ∨  .}=ミ〉 |⌒>''"_.....|│
│|              / |    i             ;   }\:i\|//////|│
│|            //^| |    ::.         /  .} |:i:乂〉//(/.  |│
│|.        /\//二| |__   :.,          /  _ 」 |:i:iノ>¨⌒    |│
│|.     /:i:/=//ニニ, /⌒ニ=-::_}_      ,/_ =ニ⌒ ',〉.         |│
│|`ヽ...... /:i:/ニ| |二/./     \二ニニア゙´     }′\...... >'´.|│
│|、.ヽヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二'´ィ´,ィ.|│
│| ∨∨i .} .}                           { { ∧∧. ..|│
│| A T K =+≦≧ニ=--  ./イ  ヽヽ,.. ..--=ニ≦≧=+= H P  |│
│| ノノノ ノ  12696    ヽヽ,   /イ.    .11557ヽヽ, ヽ,  .|│
│|''´イ.イ             ヽヽ,/イ              .\\ ゝ |│
│|彡'´_____________ヽ´___________`''<. |│
└─────────────────────────ーーー.┘
||=
|>|>|>|>|>|>|>|!center:【ステータス】|
|!center:筋力|>|>|center:B|!center:耐久|center:A|
|!center:敏捷|>|>|center:A++|!center:魔力|>|>|center:EX|
|!w(50):center:幸運|>|>|w(100):center:E|!w(50):center:宝具|>|>|w(120):center:C+|
|>|>|!center:スリーサイズ|>|>|>|>|center:B71/W49/H73|
|>|>|!center:クラス|>|>|>|>|center:不明|

|!w(50):center:スキル名 |!w(400):center:説明|
|!center:魔性降臨(A+++) |人ならざる者として現世に現れるスキル。現し世に迷い出た幼子は魂と肉体の枷を外し、魔性の性質を纏い始める~~ジャックは聖杯を魂の代替として埋め込み、疑似英霊と化した存在。永劫に湧き出す魔力は例外的な成長性を齎した。稀代の天災である男性の遺伝子と、極上の苗床の因子を元に人の枠組みを遥かに超える化け物染みた力を身に着けていく。幸せな後日談を過ごす幼き命。これからも魔性を産み育てる慈母の愛を一身に受け、健やかに成長を遂げることだろう |
|!center:情報抹消(B+) |対峙が終了した瞬間に目撃者と対峙者の記憶から彼女の能力・装備・外見特徴などの情報が消失する~~『対峙者』と『目撃者』という対象の条件さえ満たしてくれればその射程距離は無限に等しいらしく。例え時代を超えた観測であろうと情報を消失させ、記録されたデータにさえ干渉することが可能らしい。一方で効き方に個人差があるらしく、とある青年には若干効きが悪かった~~暗黒白霧と併用することで消失効果を格段に上昇させることができる |
|!center:精神汚染(D) |精神干渉系の能力を中確立で遮断する。純粋無垢な魂が無数の害意に晒されることで発現~~周囲の生物が悪の属性を持っていたり、彼女に対して残虐な行為を行うと段階を追って上昇する。これによって精神干渉の遮断確率は上がるが、ただでさえ破綻している彼女の精神は取り返しの付かないところまで退廃していく。逆にいえば、その逆であれば遮断率を犠牲に彼女の精神はある程度のレベルまでは安定すると思われる。なお、精神干渉を行う行為そのものが汚染を進行させる原因となり得る。従って、長期に渡る精神干渉はとてつもなく危険である |
|!center:道具作成(D) |母から与えられた錬金術の知識により、様々な効果を持ったアイテムが作成可能。簡易な煎じ薬やお料理、小さな使い魔程度なら専用設備なしに魔性の力を活用して作り出す |
|!center:気配遮断(A+) |自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となる~~魂魄のみで降臨する魔性の存在と化したジャックの気配は生者の発するものに比べて非常に希薄。対峙者へ干渉する段階になって初めて気づくという事態が多発しているという |
|!center:黄金の杯(C) |叙事詩に語られる万能の願望器、聖なる杯のレプリカ。永遠に魔力が具現化した、言わば無限の魔力発生装置~~我が子の健やかな成長を願う母の想いに応え、絶大な魔力を以って奇跡にも等しい成長性を実現する。魂の代わりに聖杯を埋め込んだ、それは奇しくも神を産み出すはずだった少女と似たような―――― |
|!w(50):center:切り札 |!w(400):center:説明|
|!center:暗黒白霧(ザ・ミスト)|母親と共に味わった苛烈な実験により総てが霧中へと消えていく感覚を再現した結界能力。この霧には指向性があり、霧の中にいる誰に効果を与え、誰に効果を与えないかは使用者が選択できる~~霧に包まれた者は拷問に等しい実験の数々を追体験させられる。幻覚めいて精神に実験時の感覚を叩きつけられることもあれば、様々な道具が現れて現実で実験を体験させられることもある。一般人であれば時間経過でダメージを負い、数分以内に暗闇へ消えゆく己を自覚しながら死亡する。ハンガーたちも対抗手段を取らない限り、能力を行使することは難しい。高位の存在ならばダメージを受けないが、敏捷が著しく低下するだろう。最大で街一つ包み込めるほどの規模となり、霧によって方向感覚が失われる上に強力な幻惑効果もあるため。脱出にはBランク以上の直感、あるいは何らかの能力行使が必要になる~~収束させると、飲み込んだ存在をこの世から失わせることも可能らしい。その力は、知られざる魔物の性質と非常に似ているようだが…… |
|!center:??(??????)|&color(#cccccc){エロダンジョン? の}何処かで拾ってきた正体不明の装備。とても有用な効果があるらしいけど、詳細は不明~~おかあさんの影響で益々効果が強くなっている |
[END]
*設定
おかあさんを探して世界中を旅している正体不明の少女
特徴的な風貌と優秀な能力、残酷な戦闘方法が相まって
切り裂きジャックなどと極一部の目撃者から呼ばれている
不思議と人々の記憶に残らず、立ち去った後に不自然な空白が出来る
この部屋には誰も住んでいないはず。こんなものを買った覚えはない
&color(#f3f3fe){&color(#ff0000){嫌なこと}、要らないものは全部&color(#ff0000){忘れていい}んだ&color(#ff0000){よ}。&color(#ff0000){おかあさん}}

真っ昼間の町中から高難度ダンジョン。空飛ぶ飛行船の中にまで出没し
わたしのおかあさんについて知らないか、と訪ねてくる小さな影
知らないと答えれば、興味をなくしたようにその場から消え去り
知っていると答えれば、その情報を引き出そうと様々なおてつだいをしてくれる
それを続けていけば、何時かおかあさんに辿り着けると信じて――今日も世界をめぐりまわる
母の意識が子を変える。互いに糸を手繰り寄せ、出会いは運命づけられた
遂に辿り着いた幸せな結末。母の腕に抱かれて、英霊となった幼子は微睡む

''よく絡むキャラバンのお仲間等々''(07/04作成)
イヴ:大好きなおかあさん! えっちなところもだめなところも好きだよ!
ヨコシマ:大好きなおとうさん! 何時か、一緒になれるといいなぁ……
フェイト:裸になるのが好きなお友達。気が合うような合わないような?
ジャンヌ:実は三人なお友達。ちょっとだけ、自分より大人な彼女が羨ましい
火傷痕があるエルフの少女:何かに苦悩するお友達。貴方は独りじゃないよ
キリト:おかあさんのえっちな親友。時間がある時に遊んでくれるから好き
ハクノ:おかあさんを警戒するライバル? 仲良くしなきゃだめだよ!
カシマ:…………/////……えっちなことを色々と教えてくれるおねえさん
レミリア:おかあさんに夢中な吸血鬼さん。ミルク……美味しいよね
&color(#000000,#000000){ユウナ}:早く産まれてきて欲しいな

''今後のRP用才能判定''
衣・食・住:【3D100:130(27+47+56)】
歌唱・''ダンス''・トーク:【3D100:187(39+''81''+67)】
マナー・水泳・支配力(麻雀):【3D100:118(42+65+11)】
''殺人鬼''・対魔忍・''淫魔'':【3D100:222(''92''+50+''80'')】
錬金術・''苗床''・バブみ:【3D100:166(59+''98''+9)】
画力・構成力・''ストーリー作成''・''作成速度''
【4D100:265(5+66+''99''+''95'')】
デュエリストなジャック
資金【1D100:58】 運命力【1D100:76】 フィール【1D100:90】
構築力【1D100:17】 リアルファイト【1D100:80】
[+]ヨコシマについて
大好きなおとうさん! 早くおかあさんと一緒になって欲しいなぁ
[END]
[+]性格
純粋無垢なあどけない少女。正悪の倫理観に乏しく、とても騙されやすい
おかあさんを探すためなら、たとえ火の中水の中エロダンジョンの中である
酷く知識に欠ける部分があり、好奇心に任せて非常識な行動を取りがち
ただ頭の回転が恐ろしいほど速く、己の容姿と能力を最大限に活かす知恵を持つ
なお、かなり際どい格好をしているが、これはジャックの趣味というわけではない
エロダンジョンで発見した装備が高性能だったため、仕方なく羞恥心を抑えて着ているだけ
[END]
[+]能力
幼い外見に反して身体能力は恐ろしく高い。その素早い動きは迷宮の深層に住まう獣の如し
己の気配を消す力にも長けており、隠密行動を行えば発見はほぼ不可能となる
迷宮から持ち帰った六本のナイフを用いて、影から相手を瞬時に切り刻む
その姿は闇に潜む暗殺者めいている。切り裂きジャックと呼ばれる所以

とてつもなく優秀な能力を持っていることには間違いない%%が、弱点がないわけでもない%%
%%それは魔法攻撃に対して全く耐性がなく、非物理への耐久性が異常に低いという点である%%
聖杯を魂の代替として埋め込まれた結果、上記の弱点は克服された
[END]
[+]イヴとの関係性
ジャックが探しているおかあさんとは、イヴのことを指す
今は楽しい日々を一緒に過ごしている。おかあさん、大好き♥
[+]旧関係性
イヴのお腹にいる子供と思われるものはジャックの霊魂が抜け落ちた空っぽの器であり
母体から補給され続ける大量の栄養はそのまま人外の能力と仮初めの肉体を産み出す力となっている
絶えず送られてくる栄養に愛されていることを自覚して、自身も愛していることを返している
不可思議で大切な親子の繋がりを辿り、何時の日かおかあさんの胎に戻るのがジャックの願い
年齢が0なのはそもそも産まれてないから。種族が不明なのは本当の肉体はまだ形成すらされてないから
錬金術の奇跡により成り立つ曖昧な存在は、生者が本来放つ気配を希薄にさせる
[END]
[END]
[+]衣装関連
裾丈の極端に短い、背中が大きく開いたノースリーブのジャケットを身に纏う
身体の各所に菱形金具。脇腹辺りの物からは、腰のポーチを支える細い紐が伸びている
ローレグの紐パンを着用。ストッキングと一体化したような、艶めかしい腿丈のブーツを履く
背中側の下着紐には巨大なナイフを収めたホルダーが六本も吊り下げられている
清潔そうな包帯が両前腕部を覆い、左の手はさらに指ぬきグローブを装備する
上半身に細いベルトを幾つか。黒の配色に白で縁取りされた、全体的に露出度の高い格好
動きやすいよう、ジャケットの裾やポーチの紐が消えることも……?
※ブーツは恐らくサイハイブーツの一種
[END]
*NG設定
騙り:おかあさん
自身がおかあさんである。またはおかあさんになろうか、という騙り言葉は禁句
本物の母としての繋がりが感じ取れない場合、強烈な胎内回帰願望を成就させるために
腹部に引き裂いて潜り込もうとしてきます。洗脳でも催眠でも如何なる手段を以ってして騙りは見破ります
騙す時は欲張らず、おかあさんの情報を適度に出しながらおてつだいさせましょう
情報の正確性や信用度は二の次。偽物であろうと、おかあさんに繋がりそうな情報を小出しするのが大事です
*アライメント
5段階評価でPCの性格やRPの基準を示すもの
追加での記載は自由
|w(100):center:カテゴリー |w(250):center:説明|w(50):center:数値|
|モラル |高いほど善人~~低いほど悪人 |3 |
|淫モラル |高いほどエロ系拒絶~~低いほどエロ系制限なし |1 |
|判断基準 |高いほど理性的~~低いほど感情的 |1 |
|優先順位 |高いほど社会のルールや利益優先~~低いほど私情や信念優先 |1 |
|感性 |高いほど常識的~~低いほど独創的 |1 |
|社交性 |高いほどチームプレイが得意~~低いほどソロプレイが得意 |1 |
|愛情 |高いほど純愛思考~~低いほどハーレム思考 |5 |
|PC友好度 |高いほど関係PCと親密~~低いほど関係PCと敵対 |5 |
|気配 |高いほど妙に存在感がある~~低いほど路傍の石 |1 |

どなたでも編集できます