>.: :  ̄: : : <
                    /: : : : : : : : : : : : .\
                 ,. : : : : : : : : : : : i: : :.丶:_ヽ_ _
               ′ : : : : : : : : : : ハ: : : :}; ト、 〉=_)
               {: : : : {: : : : : :i! 斗_{从! l:リ i!、\
                : : i、斗_-k,ィ/レィえメ_{ル;イム \ ー 、
             从:lィえ メ` ′ ´   f リ: :! ∧: : i 、_/
                . : ;イ.:ハ´   、       r': :| ム : : .
           /: :/ . : : :.   _   ,  ,イ: : : }__/: : : :\
          . : : : ,  ′ :_:__> - =―t −=ニ二ニ7: : : : : : : : \
         ≠.: : :/ /. : :.マニニニ{   }ニニニニニζ : : : : : : : : : : : .
     ,. : ´: : :/  ._:_:_:_:_:.〉、ニニV  |ニニニニニヘ ィ=ミ_、: : : : : : : : : :> -. . . . .  __
    ./. : : : ;  . イ:.{二ニニム  マ_}__,ニニ>´ /ニニニニ二≧x: : : : : : : : : : : : : : : __: : : : :_
    '. : : : / <: : : : |ニニ/ニ∧ /ィ=ミハ´  <ニニニニニニニニニ>: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ : : : : : : : ̄
   : : : : /: : : : :>'ニニi/ニニニ,〈 {i 回i}ノ´ニニニニニ,ニニニニニニ∠_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
 /{: : : :/. : : : : :.マニニ{ニニ/  >、>' \ニニニニiニニニニニ/ニ/==x。___ : : : : : : : : : : : : : : : : .
/. : :| : : .': : : : :> ´〉ニニ,>' > ´   \   マニニ}<ニニニニニニニニニニニニニニニ≧x ̄ ̄ __  ̄ ̄
: : : :: { :> ´  〃ニニム_/}        `Yヽ \,リ  `ヽニニニニニニニニニニニニニニニ>´、コ_」
: : : : :V: !    /ニニニニ{'´〕 〉      'ォ〈 . ー、/       ` <ニニニニニニニニニ/ _><ニ∧
: ; : : : :〉、.  /ニニニニニニ. .|r'      /イ( . . . {        `ー――――<_x≦ニニニニニ∧
/. : : :/  `/ニニニニニニ>' __,リ      \、_ー. . . |                   ≠ニニニニニニニニ∧
: : : :/  /ニニニニニ/. ._{「     、       ーヽ . . ー.、                /ニニニニニニニ∧二二
: : : ' ,_ニニニニニ<´ ̄`_ノ     ;      《_└――_>、         /ニニニニニニニ∧∧二ニ
: :/ 〈ニニニニニニイ ̄/                  「ニ ̄ニ`<          /ニニニニニニニ∧|∧ニニ
:/ r、ヽニニニ´ニノ ,                    >ニニニニニニ≧x 、       /ニニニニニニニ∧ :|: ∧ニ
  |ニ> _ヽ/ ̄   ′ 、         ; _ ,_ニニニニニニニニニ二ニ_、   /ニニニニ二ニニ{  |   |ニ
  |ニニニニ{ニヽ/>、   ::.  _iヽ/}    /{i´ \ニニニニニ_ニニニニニニ\/ニニニニニニニニ!   |   |二
  |ニニニニ:.ニ,. .. ./    丶 V. . ∧  / \、 \>,´ハ >ニ二二/ニニニニニニ二二|  |   |二
  |ニニ二二/ . . ,        ー、. . .:}、,:     \_〃 __}´ニニニニニ/ニニニニニニニニニニ|  |   |二
  |ニニニニニ{. . . .}         `ア' !        ≪ `ヽニニニニニ/ニニニニニニ二二二|  |   |二
  ヽニ二二|. . . .|          /  |  __   \、| \ニニ/ニニニニニニニニニ二|  |   |二

水上のプリマドンナ

【プロフィール】
名前メルト
性別種族人間
年齢?? クラススラムの少女 
NG簡略
AAメルトリリス(Fate)

設定

かつて伝説の娼婦が編み出した足技を武器にする元娼婦の付き人(処女)
一度この業界に足を踏み入れると元には戻れないから、と先輩であり育ての親でもある娼婦に止められていたため実戦経験はない
人食い島で最期を看取るとヨコシマについてくる形でキャラバンに参加した
手先が器用で木材や金属、石材を使った精巧な人形を趣味で作っている
ちなみに服装は趣味である

戦闘データ

メルト
体力:60
戦闘力:120

固有スキル(☆付きPC取得不可)
・ヴァルキュリア格闘術Lv0(常時・無・物理:フェイズ中の勝利回数が3回以上のたびにレベルアップ(最大4)・レベルに応じて能力追加、 無属性・物理スキル発動時レベル数値分だけ与ダメアップ、【レベル1:旋風脚解放、レベル2:敵麻痺耐性−15、レベル3:防御無視、レベル4:デッドリーダンス解放】)
※旋風脚(単発・無・物理:勝利時与ダメ+1・次ターン自ダ+5)
※デッドリーダンス(単発・無・物理:勝利時敵人数×3ダメージ、回避・被ダメ0効果無視)
・弧月(単発・無・物理:勝利時ダメ倍化・ターン中「ヴァルキュリア格闘術」以外の他味方スキル効果を受けない)
・ヴァルキュリア舞闘術Lv0(常時・無・物理:フェイズ中の敗北回数が3回以上のたびにレベルアップ(最大4)・レベルに応じて能力追加、「ヴァルキュリア格闘術」装備時このスキルはスキル枠を消費せず「ヴァルキュリア格闘術」は他の効果を受けない、【レベル1:無属性物理系統スキルに封印系統耐性+10、レベル2:敵基礎値を0にする、レベル3:敵無属性・物理耐性−15、レベル4:弁財天五弦琵琶解放】)
※弁財天五弦琵琶(単発・無・物理:ターン中敵防御値を0以下にする(マイナスは変動しない)、勝利時味方体力÷10だけダメアップ・5ターン耐性を無視して弱体付与、同ターンに無属性物理系統以外の他スキル装備・効果適応不可)

習得スキル
・連舞脚(単発・無・物理:勝利時敵人数分ダメージ)
・円月(単発・無・物理:与ダメ+2、勝利時弱体付与)
・斬月(単発・無・物理:勝利時敵人数×2ダメージ)
・華月(単発・無・物理:勝利時ダメ+2、装備ターンのダイス値末尾2桁が33の時戦闘に勝利する)
・刈月(単発・無・物理:勝利時ダメ+3・鎌系武器による攻撃として扱うことができる)
・蠍月(単発・無・物理:敗北時敵発動スキルが物理系統の場合攻撃できる、数値効果以外の効果は使用できない)
・リヴァイアサンと一緒(常時・無・無:リヴァイアサンを戦闘のメンバーとして参加させることができるようになる。このスキルは2つ分のスキル枠を使用して、戦闘開始前に効果が確定する)
・造型師(非戦闘:フィギュア・人形・ペットを作成するときの成功率+10)
・ラッキースケベの演出(非戦闘:偶然を装って相手にちょっぴりスケベなことを起こさせる。ただし起きるハプニングは自身の相手への好感度と相手の鈍感度、異性としての魅力が高いほど激しいものになる)


リヴァイアサン(単一進化したコウテイペンギン)
・完全流体(常時・水・魔法:雷属性魔法系統以外のダメージを0にする、雷属性ダメージを受けた時戦闘に敗北する)
・スワンレイク(常時・水・物理:装備スキルが水属性物理系統のみの場合与ダメ+10)
・海龍概念(常時・水・物理:メルトが「ペンギンの着ぐるみ」装備時、無属性物理系統スキル及び無属性物理系統を対象とした効果を「水属性物理系統」に変更する)

装備
・???
・ペンギンの着ぐるみ
防具系
着ぐるみというには薄い、どちらかと言えばパーカーに近いペンギンの着ぐるみ
一部ではこの着ぐるみのデザインはペンギンではなくリヴァイアサンだという説もあり
事実竜系統の力が宿っている
敵ダ−3、単発水属性物理スキルを発動した攻撃が成功するたびに体力5回復(重複・増減無し)

成長前ステータス

NG設定

アライメント

5段階評価でPCの性格やRPの基準を示すもの
追加での記載は自由
カテゴリー説明数値
モラル高いほど善人
低いほど悪人
淫モラル高いほどエロ系拒絶
低いほどエロ系制限なし
判断基準高いほど理性的
低いほど感情的
優先順位高いほど社会のルールや利益優先
低いほど私情や信念優先
感性高いほど常識的
低いほど独創的
社交性高いほどチームプレイが得意
低いほどソロプレイが得意
愛情高いほど純愛思考
低いほどハーレム思考

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます