/ /                   /      /
          / /                 /                       \
.         / /                           |
        / /                /           | {     }            ゚。
.       / .′               /       /    | {     } {           ゚
                     ′          | | {     }斗-|ミ
     i {                 {      |   . 斗‐|八     ハ{ }\〉       !
     | {            { {      |/八{ 八  \〉 / ,xrテ恣k、}      |
     | {            { {      |  xrテ恣k    /   ......ハ j} }    ∧|
     | {            { ,八     |〃 ......ハ  ∨    V'__ソ ,     /
     | {            {   \ { |  乂__ソ    ,    ,,,, 厶イ    {
.    八                 } \〉,乂  ,,,,                 j/   {
       \\                }    <⌒       r‐ァ'⌒¨¨i    人  .   {
.          \\           }     人       V        /   ′
.          \   ____       }     }  个 . .     __,ノ  . . . . .  |
               ー-‐ '′     }    }  |. . . . .〕iト . ___ . 个. . . {  |       .
                          /⌒}  |. . . ./::::::\____/::::\. .{  |  _   \
                    /  厂\__}  |.-‐〈::::::::::::/⌒〉::::::::::: }.{  |´::::-┴┓  \
                      /  {::::::::::::::}  |{   〉. -‐━‐-ミ:::::/ {  |::::::::::::::: |
                        /   L;__::::::::}  |{ ,∠|::::::L..{__} ::::|_\ 八  :::::::::::::::_|
                    /   /___〕こ_::}   ,/::::::「 ̄|::::W  ̄|::::::|\,∧  ::::::::::〈_       ゚。
                      |:::::::::::::::  /___|::::::|_」:::八_」 ̄「:::::\  ゚。::::::::::::: }. .      °
                    {八:::::::::::::′/|::::::「 ̄|::::::「/   ::::|_」::::::::|_,〉  ,::::::::::::::}. . \
               /   . . ./  〉こニ  .:::::\:L....「 ̄/厂 ̄〉|::::::「 ̄ l/::::.  .::::::::::::}. . . . .\
              /    / . .    V::::   ::::::::::∧::::_|__/ .::::|l::::: 「 ̄|__/{:::::|  }::_厂 \ . . . . .
                / . 〈      ∨ /::::::::/::::::|  「:{::::|{::::: ∧_/_|::::゚。:::|  }     〉 . . . .
           /    /. . . . \___    .:::::::::{::::::::|_,」::{::::|{:::::{  「:::::「 ̄}::|  }     /. . . . . .
             /    /. . . . . . . . V { {:::::::八  ̄|:::::::「:{::::|{:::::{_L_:::L_ノ::::|  }_厂. . . . . . . . .

【プロフィール】
名前シェリー体力40戦闘力20
性別女(元・男)種族人間
年齢10(現在の肉体年齢)クラス黒の少女(自称)
所持金7450ゴルム
AAニャル子(這いよれ!ニャル子さん)

設定

謎の毒薬によって少女の姿になってしまった元・男。
自分に毒薬を飲ませた存在に生きてることを気づかれないよう、
『伝説の薬を探し求めてお忍びで旅をしている謎の秘密結社(総員1名)の首領「黒の少女」、を自称している家出少女』
という設定で身分を偽りながら元の姿に戻る方法を探している。

正体を知られない為に外見に合わせた言動を心掛けているが、女言葉に苦手意識があるせいで演技が下手になり
「あれれ〜?おっかしいですね〜」みたいな、年齢よりも幼い言動をとってしまうことが多く、
さらに時折元の頃のような大人じみた言動や思考を垣間見せてしまうこともある。

現在の姿は性別や性差による体つきの違いを除けば少年時代にそっくりとのこと。
少年時代の経験から男性との過度な付き合いを嫌い、年頃の女性を好む。

出身・来歴

俺は黒の組織の幹部、ジン。
相棒で舎弟のウォッカと遊園地へ取引に行って
名探偵の男達に怪しげな取引現場を目撃されてしまった。
目撃者を消すのに夢中になっていた俺は、
背後から近づいてくるもう一人の仲間に気づかなかった。
俺はその女に毒薬を飲まされ、目が覚めたら・・・

体が縮んでしまっていた(&女になってしまっていた)。
ジンが生きているとやつらにばれたら
また命を狙われ、組織の人間にも危害が及ぶ。
ウォッカの助言で正体を隠すことにした俺は、
ヨコシマに名前を聞かれて、とっさにシェリーと名乗り、
やつらの情報をつかむ為に、
ヨコシマがリーダーをやっているキャラバンに転がり込んだ。

たった一つの標的射抜く見た目は子供、頭脳は大人、
その名は、元・黒の組織幹部シェリー。


もう少し詳しい来歴

出身

NG設定

エロ関連のNG:
 ・精神操作、思考操作、認識操作、記憶操作、好感度操作全般
 ・肉体改造による体型、体質の変化
 ・強制妊娠
 ・変態行為の強要
 ・強制的な隷属
 ・外見に大きな影響を及ぼす改造又は強制装備(本編出場時の描写に専用AA作成が必要になるレベルのもの)
 ・その他RPに長期的な影響を及ぼし、特定のRPを強制するもの全般

アライメント

(5段階評価でPCの性格やRPの基準を示すもの、追加での記載は自由)
カテゴリー説明数値
モラル高いほど善人、低いほど悪人2
淫モラル高いほどエロ系拒絶
低いほどエロ系制限なし
3
判断基準高いほど理性的
低いほど感情的
4
優先順位高いほど社会のルールや利益優先
低いほど私情や信念優先
4
感性高いほど常識的
低いほど独創的
3
社交性高いほどチームプレイが得意
低いほどソロプレイが得意
4
愛情高いほど純愛思考
低いほどハーレム思考
3

戦闘・ダンジョン準備

  • 装備
種類装備名説明
武器爆弾敗北ダイス時に消費され相手ダイス値−5、戦闘以外にも様々な場面で使用できる武器
防具ちいさなポシェット消費武器を3つしまうことができる、同じものを入れておかないと危ない(爆弾*3)
クレストニンジャ敵発見率−10
  • スキル
ターンスキル名説明
1ターン目
2ターン目
3ターン目
4ターン目
5ターン目
常時効果1隠遁隠密時にダイス値+1
常時効果2
常時効果3
クラススキル裏の流儀裏の人間との対話や判定に+20
  • 持ち込みアイテム
番号アイテム名説明
01ローグキーLv1レベル1までの鍵を開けることができる鍵。使い捨て
02特性シーフツールトラップを確実に解除できる。使い捨て
03魔よけの銀貨敵との遭遇を1度だけ無効にする。使い捨て
04ローグキーLv1レベル1までの鍵を開けることができる鍵。使い捨て
05爆弾敗北ダイス時に消費され相手ダイス値−5、戦闘以外にも様々な場面で使用できる武器

所有アイテム

武器

防具

クレスト

アイテム

習得スキル

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます